法律のいろは個人様のご相談

亡くなった方に大きな借金があることが分かったら(その⑤)

2015年7月21日 更新 

 前回まで,亡くなった方の死亡からすぐの時期までに大きな借金があったようなケースについて触れてきました。この場合に相続放棄ができることに問題はありません。今回は,亡くなった方と生前付き合いがなかった・死亡して数年して大きな借金があることが分かったケースについて触れていきます。

 ここで借金を負担したくないというのであれば,相続放棄という方法が一つの大きな選択肢として出てきます。問題は,相続放棄を実際に行えるか,相続放棄を行える期間内といえるかどうかという点です。前回も触れましたように,相続放棄は法律上「自己のために相続が始まったことを知ってから3か月以内」とされています。ここで問題となるのは,「自己のために相続が始まったことを知って」とは,何を知ることが当てはまるのかという点です。

 裁判例上,何を知ることが当てはまるのかという点については,
 ア 相続開始の原因となった事実
 イ 自分んが相続人となったこと
 が要求されています。

 ここでいるアには,亡くなった方の死亡や失踪宣告等相続が始まったと評価される事柄が当てはまります。イには,亡くなった方に配偶者や子供がいる場合には,亡くなった方の兄弟は相続人にはならない等の事情もありますので,亡くなった方の死亡によって当然に知ったという事にはなりません。先ほど触れた兄弟のケースであれば,配偶者と子供がなくなった方にいるのであれば,その方たちの相続放棄の手続きによって相続人となることもありますから(亡くなった方の親が既に死亡しているケース),そうしたことを知っていることがイの事情を知っていることになります。

 このような前提からすると,亡くなった方と生前付き合いがない親族(相続人に法律上あたる範囲の方)が,先ほどのアあるいはイの事柄を実際の相続開始からそれなりに時間が経過しても,知らないという事はありえます。こうした場合に充てれば,少し時間が経過していても相続放棄が可能となるケースがあります。

 これに対して,亡くなった方の死亡や自分が相続人であることは知っていても,大きな借金の存在は知らなかったという場合には,相続放棄ができないのではないかという点が問題になるところです。この問題については次回に触れたいと思います。

お問い合わせフォーム

早くから弁護士のサポートを得ることで、解決できることがたくさんあります。
後悔しないためにも、1人で悩まず、お気軽にご相談下さい。誠実に対応させていただきます。

広島市南区的場町1-2-16
グリーンタワー5F
TEL:082-569-7525
FAX:082-569-7526

アクセス

勁草(けいそう)法律事務所

Copyright © 2001- KEISO Law Firm. All Rights Reserved.