法律のいろは個人様のご相談

生前に財産の援助を受けたことはなぜ,相続の際に問題になるのでしょうか?

2016年11月23日 更新 

 生前に亡くなった親から援助を受けたことが相続・遺産分割の際に問題となる話は以前触れました。今回は,どうしてこうした事柄が問題・トラブルになるのかを触れてみたいと思います。

 

 一番の理由としては,こうした援助,特に贈与が多くんされてきたことは,金額によっては遺産の先渡しの意味合いを持つこともあり,相続人の間で不公平感を招くことが考えられます。対応として,遺言でこうした場合の調整を行わないように意味を持たせることができる話を触れましたが,あまりに贈与による先渡し分が多い場合には,遺言でも対応が難しくなる可能性のある遺留分と呼ばれる最低限の取り分の話が出てきます。

 

 こうした援助や贈与がそもそもあるのかどうかも問題には十分なりえます。後々でも記録の存在する家や土地の場合には贈与があったのかどうかは比較的はっきりとわかりますが,長い間での金銭の援助をしてきたという点は,通常はそんなに証拠が残っていないことも十分にあり得るところです。そもそも,特に調整を必要とする援助といえるかどうかという問題も出てくることもあります。

 相続人の間でお金の動きについて争いがない場合やはっきりとしたお金の流れを示す証拠が残っていない場合には,こうした点がそもそもの問題となってきます。こうしたお金の流れがあったはず,資金の援助や贈与があったはずというだけでは,調整の対象が相続人の間ではっきりとせず,話し合いが難しくなることがありえます。また,こうした場合には調整不要であるという方向に話が向かいかねません。

 

 中には,兄弟姉妹がそれぞれ親から援助を受けていたものの,その内容に大きな差があったために後で不公平感が兄弟姉妹の間で生じてトラブルになる可能性もありえます。こうした場合にどのように調整を図っていくのかは面倒な問題となってくるでしょう。

 

 ことに,親が亡くなった後に,こうした援助や贈与の差が明らかになって不公平感が出た場合には,大きなトラブルになる可能性があります。こうした問題が起きる前に親族間で情報共有をするのも一つの方法ですし,親の方からは遺言や保険などでの対策を早めに立てておくというのも一つの方法でしょう。

 問題がそれでも起きてしまった場合には,どうすればいいのかは様々な情報収集とともに専門家に相談して考えてみるのも一つの手と考えられます。

 

 

お問い合わせフォーム

早くから弁護士のサポートを得ることで、解決できることがたくさんあります。
後悔しないためにも、1人で悩まず、お気軽にご相談下さい。誠実に対応させていただきます。

広島市南区的場町1-2-16
グリーンタワー5F
TEL:082-569-7525
FAX:082-569-7526

アクセス

勁草(けいそう)法律事務所

Copyright © 2001- KEISO Law Firm. All Rights Reserved.