法律のいろは個人様のご相談

親から相続をした土地に抵当権がついているようなのですが,特に負債の請求が来ない場合,どうすればいいのでしょうか?

2017年10月9日 更新 

 非常に長いタイトルですが,簡単には次のようなケースを考えてみましょう。親がなくなり,持っていた土地を相続しました。特に使う予定もなく売却も考えています。先日登記簿を見ていると,数十年前に設定された抵当権があるようです。しかし,知る限りではもう10年を超えてその負債の支払いがなされていないようですし,そもそもそうした負債や抵当権があることを知りませんでした。というものです。

 

 ここで問題となるのは,①その負債が存在して支払い義務を引き継ぐのかどうかという点②仮に負債がもうない場合に,登記をそのままにしておくかどうかという点,が考えられます。

 まず,①については,負債の支払い義務を負うのかどうかという難しい問題です。相続放棄をするにしても期間制限がありますし,そもそも負債が存在しないのであればそこまで気にしなくてもいい問題です。次に②については,土地に登記上抵当権が設定されていても,売却などをしない限りはそこまで影響がありません。新たに融資を受けて抵当権を設定しようという場合には少し変わる可能性があります。逆に売却を考える際には抵当権を登記上も抹消しておく必要があります。

 

 負債が存在するかどうかは,支払いの記録(全額支払っていれば,当然亡くなっています)を確認してみるのも一つの方法です。また,10年を超える期間全く支払っていなさそうであれば,その負債についての時効が主張できる(その主張に伴って負債がなくなる)可能性があります。時効についていえば,支払い義務を負債の債権者に認めてしまうと主張できなくなる可能性があるので,注意が必要でしょう。

 また,抵当権自体はその元となる負債がなくなっている場合には法律上消滅します。ただし,登記は抹消手続きを別に取らない限りは一応残っている点には注意が必要です。この手続きには夫妻の債権者(抵当権者)から書面を取り付けるか・協力を得られない場合には裁判を起こす必要も出てきます。

 

 いずれにしても,古いものである場合には債権者とされる方がどこにいるのかなどが問題になる可能性もありえます。実際にご自身が負債の支払い義務を負うかどうか・土地を売却される場合にはその障害になる可能性もありますので,対応については弁護士等に相談して考えていった方がいいように思われます。

お問い合わせフォーム

早くから弁護士のサポートを得ることで、解決できることがたくさんあります。
後悔しないためにも、1人で悩まず、お気軽にご相談下さい。誠実に対応させていただきます。

広島市南区的場町1-2-16
グリーンタワー5F
TEL:082-569-7525
FAX:082-569-7526

アクセス

勁草(けいそう)法律事務所

Copyright © 2001- KEISO Law Firm. All Rights Reserved.