法律のいろは個人様のご相談

不動産の登記簿にまつわる話

2018年2月27日 更新 

 登記簿といわれてピンとこない方は多いのではないでしょうか?家を買った際に手続きをするものの一つ,司法書士の方が関わるものという程度の話があれば,それはその通りです。実際こうした「登記簿」がどのようなもので,何が読み取れるのか,「登記簿」の記載を変更しないとどういった不便が生じるのか・変更したいけれどもうまく話が進まない場合はどうすればいいのかを簡単に触れていきます。

 

 登記簿は,日本に存在する土地や建物がどこにあって,誰が所有者なのか等を示す不動産に関わるものと会社に関して,役員が誰か等法律で定められた内容を示すものがあります。それぞれ,そこに記載された内容を見ることで,不動産・会社に関するある程度の情報を得ることができます。今回は不動産に関する話を以下でしていきます。

 まず,登記簿に「地積」という面積に関する記載や所有者が誰かという記載があります。この面積は正しいものかどうかは分かりませんので,この記載をそのまま信じた場合,「うちの土地はここまであるはずなのに」という問題が生じかねません。隣の土地との境界をはっきりさせるには,「境界確認」という手続きをしないといけない場合が多くなってきます。細かい話は省略しますが,この「境界確認」は所有する土地の境界を決めるということにはならないこともありえます。

 所有者についても,記載された方が通常所有者であるケースが多いですが,必ずしも正しくない場合があるので注意が必要です。一例として,はるか昔に所有者としての記載があり,その後相続があったけれどもその登記がされていない場合があります。このほか,「乙区」とされている部分には抵当権など土地をいざというときには失ってしまいかねない原因があるのかどうか等の記載があります。登記簿を見ることで,土地や建物の利用や取得に問題があるのかどうかをある程度知ることができます。

 

 よく登記の名義を変更するということが,売買などあった際に言われますが,これは絶対の義務ではありません。しかし通常はなされます。これは,所有者として登記されることで,所有者であることが対外的に明らかにできるという面もありますが,その後元の所有者が別の方に同じ土地などを売却した場合に先に名義変更されると権利が主張できなくなる等の面倒な点があるからです。もっとも,こうしたことは通常はありません。こうした二重に売却することは売却した方にも犯罪などに該当する可能性があり,リスキーなためです。

 土地の売り買い以外にも登記の名義が移る場合があります。名義を移す方が名義を移すのに協力する義務が課される場合が多いですが,自発的に協力しない場合には,名義を移すことはすぐにはできなくなります。ご自身の権利を主張するなど原因は様々ですが,こういった場合には登記の名義を移すことへの協力を求める裁判を起こして勝訴する必要があります。もちろん,交渉や裁判の仲での話し合いによって解決をする方法もありえますが,代理人を選任する場合には多くは弁護士に依頼することになろうかと考えられます。

 

 このように,身近なようでよくは分からない「登記簿」にも身近に関わることはありえます。

お問い合わせフォーム

早くから弁護士のサポートを得ることで、解決できることがたくさんあります。
後悔しないためにも、1人で悩まず、お気軽にご相談下さい。誠実に対応させていただきます。

広島市南区的場町1-2-16
グリーンタワー5F
TEL:082-569-7525
FAX:082-569-7526

アクセス

勁草(けいそう)法律事務所

Copyright © 2001- KEISO Law Firm. All Rights Reserved.