法律のいろは個人様のご相談

相続で,亡くなった方から生前援助を受けたことは,どう考えるのでしょうか?(その⑦)

2013年7月12日 更新 

 亡くなった方からの生前の援助を遺産分割でどう調整するのかということで何回か話をしています。よくある例の一つに,相続人の一人が亡くなった方(多くは親)と同居して,亡くなった方の持ち物である土地の上に家を建てさせてもらうということが挙げられます。家を建てさせてもらい,土地を使っていることは,何か遺産分割で考慮されるのでしょうか?

 

 繰り返しですが,遺産分割で生前援助を調整することを特別受益といいます。ここでは,土地をタダで使わせてもらっていることが特別受益として調整しないといけないかどうかが問題となります。

 通常,このような場合にはタダで土地を使わせてもらうために借りるということがあるはずです。法律上,使用貸借といいます。普通,生活のために家を建てさせてもらうことが多く,生計の資本を「土地をタダで使わせてもらう権利」の部分受けたと考えることになります。つまり,特別受益はあると考える考え方が主流と思われます。

 

 次に,特別受益として調整するのはどの部分になるかという問題が出てきます。

 使用貸借の権利がつけてある土地はつけていない土地に比べて,土地の価格が落ちるので,価格の落ちた部分が贈与額と考える考え方があります。一方で,タダで使わせてもらったのだから,家賃分(相場)が贈与額と考える考え方があります。どちらの考え方を取るのかという問題です。

 多くの例では,タダで使わせてもらう権利をつけているのだから,そのことによる土地の価格の下がった部分を贈与額として調整すべきと考えているようです。

 

 ちなみに,特別受益にあたったとしても,もち戻し免除の意思を亡くなった方が持っていた場合には,調整は行いません。もち戻し免除とは何かという点はいずれ触れたいと思います。

 

 次回に続きます。

お問い合わせフォーム

早くから弁護士のサポートを得ることで、解決できることがたくさんあります。
後悔しないためにも、1人で悩まず、お気軽にご相談下さい。誠実に対応させていただきます。

広島市南区的場町1-2-16
グリーンタワー5F
TEL:082-569-7525
FAX:082-569-7526

アクセス

勁草(けいそう)法律事務所

Copyright © 2001- KEISO Law Firm. All Rights Reserved.