離婚問題トピックス個人様のご相談

子供の引き渡しが問題となる場面

2015年4月20日 離婚と子ども, 離婚と手続き

 別居中場合によっては離婚後に,親の間で子供の引き渡しが問題となることがあります。問題となる場面は様々あるところですが,こうした場合に子供の引き渡しの請求手続きは,人身保護法に定める引き渡し請求・子供の養育監護に関わる事項として,引き渡しを求める調停や審判の申立てが主なものとしてあります。特に,緊急を要する場合には,人身保護法の手続き・審判前の保全処分というものが存在します。

 それぞれこれまで裁判例が積み重なっているところではあり,そうした点を踏まえた対応を考える必要が出てきます。

 子供の引き渡しが問題となる場面では,緊急急ぐ場合が多いことが多いのではないかと思われますが,それぞれの場面でどのような方法がいいのか・そのために何を準備するのか考えていくことになろうと思われます。上記の方法をとるのがいいのか・他の方法がいいのか等ケースバイケースでの対応も必要になりますので,どう対応したらいいのかわからない・引き渡しを求めた胃という場合には,専門家のアドバイスを求めるのは一つの役立つ方法になると考えられます。

 より詳しい話は,法律のイロハの記載をご覧いただく・ケースごとの話はご相談いただければと存じます。

お問い合わせフォーム

早くから弁護士のサポートを得ることで、解決できることがたくさんあります。
後悔しないためにも、1人で悩まず、お気軽にご相談下さい。誠実に対応させていただきます。

広島市南区的場町1-2-16
グリーンタワー5F
TEL:082-569-7525
FAX:082-569-7526

アクセス

勁草(けいそう)法律事務所

Copyright © 2001- KEISO Law Firm. All Rights Reserved.