法律のいろは個人様のご相談

相続で,亡くなった方から生前援助を受けたことは,どう考えるのでしょうか?(その⑨)

2013年7月22日 更新 

 亡くなった方から生前援助を受けた場合に,遺産分割でどう調整するのかについて何度か触れてきました。前回は,こうした調整を受ける生前贈与を受けた方の範囲について話をしました。相続人の配偶者等に援助をした場合にどうなるかという話でした。

 

 今回は,少し違う点について触れていきます。

 相続人の子どもに援助をする例はよくあります。たとえば,孫の学資保険の掛け金をかけてあげるとか・孫名義の預金をしてあげるという場合です。こうした場合も,前回触れた配偶者(相続人の妻や夫)に財産をあげる場合と同じように,原則は遺産分割で調性が必要とは考えません。実質は,相続人への贈与と同じように考えられる場合のみ,遺産分割で調整をしていくことになります。

 

 相続人の子ども,孫や甥や姪は代襲相続といって,それぞれ亡くなった方の子どもや兄弟が亡くなった方よりも早く死亡しているときなどには,亡くなった方の財産を相続することができます。先ほどの考え方からすると,代襲相続ということがあっても,亡くなった方から生前に援助を受けていても,必ず遺産分割での調整は不要ということになりそうです。

 亡くなった方の子どもや兄弟が死亡する前に援助を受けた部分については,問題なく先ほどの考え方が当てはまります。つまり,相続人の子どもへの援助なので,相続人の間での公平のために調整する必要はないことが原則になります。

 しかし,相続人が亡くなった場合(亡くなった方よりも早く相続人が死亡したケース)には,孫や姪・甥が直接相続人となります。そのため,他の相続人との公平のために調整をしないと相続人の間で不公平がおきます。ですから,この場合には遺産分割で調整をする必要があります。

 

 生前援助が行われたのが,本来の相続人がなくなる前であるかどうかで結論が変わることになります。これはおかしいという考え方もありますが,一般的には先ほど話をした考え方が採用されています。

 

 次回に続きます。

お問い合わせフォーム

早くから弁護士のサポートを得ることで、解決できることがたくさんあります。
後悔しないためにも、1人で悩まず、お気軽にご相談下さい。誠実に対応させていただきます。

広島市南区的場町1-2-16
グリーンタワー5F
TEL:082-569-7525
FAX:082-569-7526

アクセス

勁草(けいそう)法律事務所

Copyright © 2001- KEISO Law Firm. All Rights Reserved.