法律のいろは個人様のご相談

特定の子供に財産をわたし,かつその子供が亡くなった場合に孫にその財産を渡すにはどうすればいいでしょうか?

2016年10月10日 更新 

 ややタイトルテーマがわかりにくいですが,たとえば,次のような話を考えてみます。

 自分の中にある特定の家や土地をそこに住んでいる子供に相続させたいと考えている・もし万が一自分がその子供よりも早く亡くなった場合には,孫(その子供の子供)に,その家や土地を譲りたい場合に,どうすればいいのかというのが今回の話になります。

 

 結論から言えば,この話を遺言書に明確に書いていけばいいという話になります。その方法としては,ご自身で遺言を書くのでもいいし,公正証書にするのもいいでしょう。また,最初に,その子供に相続させるという遺言を書いたうえで,もし,その子供がご自身よりも先に亡くなった場合に,もう一度遺言書を書き換えるという方法でもいいでしょう。

 

 ただし,遺言書を作ろうとしても作れない場合は,出てきます。今はお元気でも,書き直しが必要になった際には,遺言を書けるような状況ではない健康状態になっているかもしれません。そもそも,書き直しが煩雑なこともあります。それでは,最初に問題を解決することはできないのでしょうか?

 

 この点も基本的には可能です。ただし,特定の子供(たとえば,長男)に相続させると遺言で書いておけば,それだけで当然に長男の子供(孫)にも相続されるというわけではありません。これは裁判例上も確定していますが,基本的に相続はご自身が亡くなった際に生存をしている方に対しておきるものですし,文言上も明らかでない点も出てきます。そのため,様々な事情から孫に対して相続させる意味合いであると読め取れる必要が出てこないと,孫へ相続させるものと考えられないのですが,これではトラブルの種になりかねません。

 

 結局は,遺言書を作成する最初の時点でこうした点を明確化しておけば問題や作り直しの面倒さを防ぐことができます。先ほどのケースですと,たとえば,長男に○○(家・土地)を相続させる・長男が自分よりも早く亡くなっていた場合には,長男の子供(○○)にその家や土地を相続させる,という内容の遺言書を作っておけばいいという話になります。ただし,ここで書いたのはかなり大雑把な概要ですので,実際にどうした文言がいいのかは事情を専門家に話して相談した方がいいように思われます。

 このようにすることで,問題を減らしながら,タイトルにある目的を果たすことができるようになっていきます。

お問い合わせフォーム

早くから弁護士のサポートを得ることで、解決できることがたくさんあります。
後悔しないためにも、1人で悩まず、お気軽にご相談下さい。誠実に対応させていただきます。

広島市南区的場町1-2-16
グリーンタワー5F
TEL:082-569-7525
FAX:082-569-7526

アクセス

勁草(けいそう)法律事務所

Copyright © 2001- KEISO Law Firm. All Rights Reserved.