セミナー・相談会

事務所報平成28年12月号を掲載しました

 

 弊事務所企業法務のページに事務所報平成28年12月号を掲載いたしました。

 内容は

○ 裁判例情報

 「  宗教法人の神職の地位にあった方から、当該法人・包括団体に、免職処分 の無効やパワハラを理由とした損害賠償請求がなされた件で、請求をみとめなかった裁判例について」

  弁護士西丸洋平が解説をしています。

 

○ コラム

  「『同一労働同一賃金』のガイドライン案が提示されました」

  12月20日に政府が公表をした、「同一労働同一賃金」に関するガイドラインについて、弁護士片島由賀が解説をしています。

 

 詳しくは、弊事務所の企業法務のホームページをご覧下さい。

 http://keiso-law.com/biz/

 

お問い合わせフォーム

早くから弁護士のサポートを得ることで、解決できることがたくさんあります。
後悔しないためにも、1人で悩まず、お気軽にご相談下さい。誠実に対応させていただきます。

広島市南区的場町1-2-16
グリーンタワー5F
TEL:082-569-7525
FAX:082-569-7526

アクセス

勁草(けいそう)法律事務所

Copyright © 2001- KEISO Law Firm. All Rights Reserved.