法律のいろは個人様のご相談

相続と口座からのお金の引き出し(その⑥)

2015年8月10日 更新 

 今回は前回までと少し異なり,口座からの引き出しが問題となるいわゆる「使途不明金」の話について触れておきます。こうした「使途不明金」の話は相続(遺産分割)の話の中で問題となることがありますが,これまで触れてきたような,亡くなった方の口座から不可解なお金の引き出しがあるというケースの他に,「あるはずのお金がない」というケースも考えられます。

 それは,亡くなった方の収入状況(毎月あるいは年金であれば2カ月に一回の収入等)があり,生活費がこの程度の金額だから,これだけのお金があるはずなのに存在しない,差額のお金はどこに行ったのだという内容のものです。一番はこうしたことにならないように収支の明細を残していればいいのですが,親子関係等そうしたことがなくても大丈夫だろうという意識はそこそこあるのではないかと思われます。

 こうした場合に,使途不明金と言われても,問題となる行為(使途不明金を生んだ行為)が分からなければ,袋小路に入り込むという問題が出てきます。こうした点についての追及はしたいと思うところはあろうかと考えられますが,特に遺産分割の話し合い(家庭裁判所での調停を含む)では解決が難しくなってくる点があるのには注意が必要です。本来,こうした使途不明金の問題の解決は遺産分割調停ですることではありません。亡くなった方の財産を管理していた方(家族を想定しています)に細かい収支の説明を求めることには,限界もあるところです。

 これに対し,これまで触れてきた口座からのお金の引き出しの話については,そうした説明を求める対象ははっきりしています。ただし,これまでも触れましたように,問題となるのは生活状況やその他からみて「通常考えられない」お金の引き出しであるという点です。また,こうした引き出しについて,亡くなった方のための費用や贈与という説明がなされることもありますが,無断引出ゆえに損害賠償請求の対象になると考える場合には,時効の問題も出てくる点には注意が必要です。
 ここでいう時効とは,損害賠償の請求は,「請求者など」が「加害者」と「損害」を知ってから3年が経過すると,請求を受けた側が時効の主張をすれば,損害賠償が認められなくなるという話です。こうした話もあり,注意が必要です。どういった場合が時効がスタートするのかはいずれ触れたいと思います。

 次回に続きます。

お問い合わせフォーム

早くから弁護士のサポートを得ることで、解決できることがたくさんあります。
後悔しないためにも、1人で悩まず、お気軽にご相談下さい。誠実に対応させていただきます。

広島市南区的場町1-2-16
グリーンタワー5F
TEL:082-569-7525
FAX:082-569-7526

アクセス

勁草(けいそう)法律事務所

Copyright © 2001- KEISO Law Firm. All Rights Reserved.