法律のいろは個人様のご相談

離婚や再婚と相続への影響

2017年4月22日 更新 

 離婚をする際にその後の再婚を含め,将来のご自身の相続にどういった影響があるのか気になるということがあるかもしれません。一般論としての結論は次の通りです。

 

 離婚をした以上は,元妻・元夫は自分の相続人にはならない,ただし,子供は相続人になるというものです。もちろん,離婚後に同じ方と再婚をした場合でその後特に離婚を再度しなければ,相続人となります。また,再婚をした相手は相続人になります。その後離婚をした場合は話は別です。つれ子については,養子縁組をしない限りは相続人にはならない点に注意が必要です。

 

 これは,法律上相続人になるかどうかという話ですから,遺言で財産を分け与える内容を決めるという点をクリアすれば,ある程度は自由に変更できます。たとえば,再婚相手とその子供に,財産全てを相続させる・遺贈する等の内容の遺言を行っておけば,原則として前の結婚の際の子供が財産を引き継ぐことはありません。

 このことに対し,前の結婚での子供が異論をさしはさむことはできます。遺留分減殺請求権と呼ばれるものですが,遺留分と呼ばれる法律上の一定の範囲内で遺言の内容を実質変更させることができます。こうした権利を行使するには法律上期間の制限がありますし,行使した後もたとえば,遺産が家しかない場合にはその清算をどのように行うのかなどでッ揉めることがあります。

 遺言がない場合には,法律で定められた割合遺産分割を行うことになりますが,養子縁組をしていない連れ子には相続はできないために参加することはできません。先ほどの遺留分に関する権利行使をした後と同様ですが,長い間かかわりがないこと・離婚による対立等の存在から,中々折り合いがつかない紛争に至る可能性があります。そのため,遺言とともに遺留分減殺請求への対応も予め考えておいた方がいいでしょう。仮に現金や預金,生命保険の活用などで対応ができるかどうかを検討しておくのは一つの対応方法になりえます。

 

 30歳代・40歳代で離婚をする場合には,その後の人生が長いこともあり,その後には再婚があるかもしれません。そもそも,こうした年代で将来の相続と言われても,イメージがわかないという点もあります。相続のことをいつ考えるのかという問題はありますが,ある程度の年齢・きっかけがあった際には,こうした問題を考えてみる必要がありそうです。

お問い合わせフォーム

早くから弁護士のサポートを得ることで、解決できることがたくさんあります。
後悔しないためにも、1人で悩まず、お気軽にご相談下さい。誠実に対応させていただきます。

広島市南区的場町1-2-16
グリーンタワー5F
TEL:082-569-7525
FAX:082-569-7526

アクセス

勁草(けいそう)法律事務所

Copyright © 2001- KEISO Law Firm. All Rights Reserved.