セミナー・相談会

事務所報令和元年10月号(通算第97号)をメルマガで配信しました

 

「画竜点睛ー勁草法律事務所通信(通算第97号)」をメールマガジンで配信いたしました。

配信しました記事は以下のとおりです。

●サロンや店舗,事業所が賃貸オーナーの都合で使えなくなった場合の家賃や営業補償はどうなるのでしょうか?(オリジナル記事)

●カラー剤のパッチテストの実施は法的義務?もしアレルギーが出たときは?(オリジナル記事)

●マーケティング視点で見る『ステルス値上げ』の危険性

詳しくはデータをご覧ください。

画竜点睛ー勁草法律事務所通信(通算第97号)

お問い合わせフォーム

早くから弁護士のサポートを得ることで、解決できることがたくさんあります。
後悔しないためにも、1人で悩まず、お気軽にご相談下さい。誠実に対応させていただきます。

広島市南区的場町1-2-16
グリーンタワー5F
TEL:082-569-7525
FAX:082-569-7526

アクセス

勁草(けいそう)法律事務所

Copyright © 2001- KEISO Law Firm. All Rights Reserved.