法律のいろは個人様のご相談

葬儀費用と香典とは?

2015年5月24日 更新 

 人が亡くなられた後に,葬儀費用と香典をどうするのかという問題が出てくることがあります。これらのものが法律的にどんなものなのか等について触れてみたいと思います。

 まず,葬儀費用は葬式の費用が含まれるのはイメージのわくところですが,墓への埋葬の費用や墓石等の費用は含まれるのでしょうか?一般的には,葬儀費用とは葬式などの追悼の費用と埋葬の費用とされています。そのため,墓石の購入などの費用は含まれないことになります。また,葬儀など追悼の費用といっても,通夜の際の費用は含まれるのか・四十九日や一周忌の法要の費用は含まれるのか・参列者への接待費用は含まれるのかも問題になってくるところです。

 法律上葬儀費用の定義はないのですが,裁判例の中には,通夜や葬式当日の儀式の費用だけが葬儀費用に含まれるため,接待の費用や各種
法要の費用は含まれないという判断を示すものがあります。葬儀費用が法律上大きく問題になるのは,誰が負担者となるのかという点が一つあげられるのではないかと思われます。法律上,明確にはされていません。そのため,考え方や裁判所の判断も割れているところですが,一般的には喪主の負担ではないかと考えられています。ただし,相続人全員の負担とする裁判例も存在します。ここで言う喪主とは,葬式の手配やお金の支払いを負担した方のことを言います。

 葬儀費用と対になるわけではありませんが,同様に問題になるものに香典があります。香典は,葬儀の際に受ける贈答品で多くの場合金銭です。通常は葬儀費用に充てるための贈答品(贈与)を考えますので,葬儀費用を賄いきれない場合には誰がとるのかという事はあまり問題にならないように思われます。余った場合,どうなるのでしょうか?
 一般に香典は,喪主に対する贈与と考えられますので,お金が余った場合には喪主が受け取ることになります。もっとも,香典返しなど葬儀費用に直接含まれない費用に充てて,どこまで残るのかという問題もありますので,香典のお金の残りだけで問題が大きくなるケースはそこまではないようにも思われます。

お問い合わせフォーム

早くから弁護士のサポートを得ることで、解決できることがたくさんあります。
後悔しないためにも、1人で悩まず、お気軽にご相談下さい。誠実に対応させていただきます。

広島市南区的場町1-2-16
グリーンタワー5F
TEL:082-569-7525
FAX:082-569-7526

アクセス

勁草(けいそう)法律事務所

Copyright © 2001- KEISO Law Firm. All Rights Reserved.