法律のいろは個人様のご相談

一度決めた遺産分割協議をやり直すことはできるでしょうか?

2017年9月24日 更新 

 遺言なく亡くなった親御さんなどの財産を相続人で分けるために遺産分割協議は行われます。一度話し合いをしたら後はその内容に合わせて進めていくだけとなりますが,決めた事柄を守ってくれない・もう一度見直しをしたいという考えが出てくるかもしれません。他方,一度決めたことを簡単に覆せるとなると決めた意味がなくなってきます。

 

 まずは,一度決めた内容を見直してほしいと考えた際に,そうしたことはできるのでしょうか?結論から言えば,相続人全員が同意をしていれば一度決めた内容を見直して新たに話し合いをして決めることはできます。逆に言えば,反対する方がいる場合には難しくなってきます。

 これは,一度決めた事柄を一部の方の都合だけで簡単に覆されると決めた意味がなくなるという反面,全員が構わないというのであれば特に遺産分割協議のやり直しを否定する理由がないからです。一度決めた話し合いの合意を解除して新たに取り決めをするという形になります。

 なお,全員がこのように同意をして話し合いをしたと問題なく家れば問題ありませんが,ある行動をもってこうしたやり直しを是認したといえるのかどうかは別の問題になります。明確な合意がない場合に問題になりますが,これは問題となる事実があったのかどうか・その事実をどう評価するのかという問題になります。

 

 これに対して,遺産分割協議で決めた内容を守ってもらえないことを理由に遺産分割協議のやり直しを求めることは可能なのでしょうか?先ほどの話からは,相続人全員が同意をした場合は問題がなくなりますから,そうではない場合がどうなのかを触れていきます。

 少しわかりにくいので,例を挙げると,遺産分割協議の中に,亡くなった方の持っていた土地を相続人の一人であるAさんが亡くなった方の妻の面倒を見るのを条件として引き継ぐことになったケースを取り上げます。実際には,Aさんが条件をどうしても守らない場合に,話し合いをやり直しにできるのかという話になります。先ほども触れましたが,一度決めた事柄を簡単に覆せるとなると決めた意味がなくなります。一方で,決めた内容を守らない場合をどうするのかという問題も出てきます。

 こうした点が問題となった裁判例があり,結論としてはやり直しはできないと判断しています。やり直しによる弊害の他に,一度話を決めた後にはその約束を守るかどうかという問題だけであるというのもその理由となります。

 

 このように,相続人全員が同意したといえるのであれば,遺産分割協議のやり直しは可能です。

お問い合わせフォーム

早くから弁護士のサポートを得ることで、解決できることがたくさんあります。
後悔しないためにも、1人で悩まず、お気軽にご相談下さい。誠実に対応させていただきます。

広島市南区的場町1-2-16
グリーンタワー5F
TEL:082-569-7525
FAX:082-569-7526

アクセス

勁草(けいそう)法律事務所

Copyright © 2001- KEISO Law Firm. All Rights Reserved.