法律のいろは個人様のご相談

他の家に養子に言った方は,実の親の相続人になるのでしょうか?

2017年10月30日 更新 

 養子縁組は様々な理由で行われるところですが,養子縁組をした場合に,元の親の相続人となるのかどうか・元の親族との関係で将来の相続がどうなるのかは気になるところですね。実際はどうなのでしょうか?

 

 結論を言えば,原則として相続人となります。これは,養子縁組をした場合でも,実の親との法律上の親子関係は残るためです。養子縁組をすると他の家の人間になるという感覚があるかもしれません。この感覚が古い感覚かどうかはおくとしても,養子縁組をしても実の親子関係などの法律上の親族関係は原則として残りますから,相続人にも当然になります。そうなると,養子縁組をして養子になった方は養親と実親の双方の相続人になる資格を持っていることになります。別のコラムで触れました扶養義務は養親と実親とどちらが優先するのかという問題はありますが,法律上の親子関係自体は残っています。

 

 例外はあります。それは,特別養子と呼ばれるものです。特別養子については別のコラムで触れたところがありますので詳細は省略しますが,実の親との法律上の親子関係を終了させて,養親とのみ法律上の親子関係を生じさせるところに一つの特徴があります。実際には,ここでも例外(簡単に言えば配偶者の連れ子を特別養子縁組で養子にする場合)があるのですが,相当に細かな話になりますので省略をしておきます。また,近親婚の制限など一部の制約は残ったままにはなります。

 

 ちなみに,養子縁組をした場合に,養親や養親の親族と法律上の親子関係は養子の子供(養子縁組前に生まれた子供)との間には当然には生じません。そのため,こうした子供は養親に関する代襲相続を含めた相続人にはなりえません。もちろん,養子が相続したものを相続することはあります。

 

 こうしたこともあり,遺言がないケースで,相続開始後に長く遺産分割協議を行わずにいた場合では,状況によっては遺産分割協議を何かしらの理由で行おうとした際には複雑になる可能性はあります。養子先との親族関係・実方の親族関係が複雑に絡み合うことも場合によってはありうるためです。

 

 ちなみに,今回触れたのはあくまでも税金の観点は考慮していません。税金の関係では別途問題点がありますので,注意が必要になります。

 

 

お問い合わせフォーム

早くから弁護士のサポートを得ることで、解決できることがたくさんあります。
後悔しないためにも、1人で悩まず、お気軽にご相談下さい。誠実に対応させていただきます。

広島市南区的場町1-2-16
グリーンタワー5F
TEL:082-569-7525
FAX:082-569-7526

アクセス

勁草(けいそう)法律事務所

Copyright © 2001- KEISO Law Firm. All Rights Reserved.