法律のいろは個人様のご相談

夫が大声で怒鳴りつけたり家の物を壊したりするのですが、こんな場合でも保護命令の申立ができるのでしょうか?

2015年3月2日 更新 

 夫から直接的な暴行はないものの、大声で怒鳴ったりする、物を壊す、あるいは被害者である妻の体には直接あたらないものの、すぐ近くに物を投げてきたりするが、こんな場合でも、接近禁止などの保護命令の申立ができるのでしょうか。

 

 配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律(DV防止法)にいう、保護命令が認められるためには、いくつか要件を満たす必要がありますが、その中に、「被害者」(配偶者からの身体に対する暴力または生命等に対する脅迫を受けたものに限る)であることというのがあります。

 そのため、表題のケースでは、
 ・大声で怒鳴る→内容が脅迫(被害者の生命・身体に対し害を加える旨を告知してする脅迫)に  あたること
 ・物を壊す→身体に対する暴力・あるいは生命身体に対する脅迫といえること
 が必要になってきます。

 

 後者の物を壊す、ということが身体に対する暴行にあたるかは事情によりますが微妙なところであり、物を壊す態様(どんな物なのか、どういった壊し方をしているかなど)によって脅迫にあたるか判断していくことになるでしょう。
 ただ、いきなり物だけ壊すというのではなく、なにがしか脅迫にあたるような言動を伴うことが多いでしょうから、そこから「脅迫」があったと主張することもできると思われます。

 

 ちなみに、直接的な身体的暴行ではないものの、拳を顔すれすれで止める「寸止め」を繰り返し受けたことで、PTSDになったケースで、「配偶者から暴力を受けた者」にあたるとして保護命令を発令したものがあります。

お問い合わせフォーム

早くから弁護士のサポートを得ることで、解決できることがたくさんあります。
後悔しないためにも、1人で悩まず、お気軽にご相談下さい。誠実に対応させていただきます。

広島市南区的場町1-2-16
グリーンタワー5F
TEL:082-569-7525
FAX:082-569-7526

アクセス

勁草(けいそう)法律事務所

Copyright © 2001- KEISO Law Firm. All Rights Reserved.