法律のいろは個人様のご相談

相続と口座からのお金の引き出し(その⑤)

2015年4月18日 更新 

 亡くなった方の生前にお金を引き出した場合にどのようなことが考えられるのかという点について何回か触れてきました。前回は,まとまってお金を引き出していたケースについて,亡くなった方が引き出した方(身の回りの世話をしていた第3者であるという事が前提です)の引き出しについて同意を与えていたという場合について触れました。特別受益という形で,遺産分割の際に調整の可能性が出てくるという話について触れました。

 

 前回の最後に,亡くなられた方の生前に何度かあるいは一度の引き出しで口座の中のお金の大半が引き出された場合でかつ亡くなられた方がそのことに同意を与えていた場合には,遺留分の問題が出てくる可能性があるという話を少し触れました。もっとも,そこまで大半のお金を贈与するというのに,遺言等が存在しないという事であれば,そもそも贈与の意思があったのかが問題になるのが通常と思われます。そこで,遺留分減殺請求の話は次回以降で触れるとして,贈与があったと言えるかどうかの話について触れます。

 贈与の書類上の証拠となるものは,通常贈与契約書(贈与の意思が読み取れるもの)あるいは先ほども触れた遺言が真っ先に考えられるものです。もっとも,口座からの引き出しが行われるケースにはそれなりにそうした証拠はないことが考えられます。そうした場合には,これまでの身の回りの世話をしていた方と亡くなられた方との関係や経緯,その他贈与をする動機があるか等が大きな問題となってきます。この中には,身の回りの世話をする方が面倒を見るに至った経緯やそれまでの親族などの関係,他の相続人となりうる方との関係など様々な事情が関わってきます。争いが生じた場合には,争いのある方の中でこうした点の整理等が相当な問題が出てくるところです。こういった問題を避けるために,遺言や贈与契約書をあらかじめ作っておくのが一つの方法ですが,その場合でも作成の過程や偽造したかどうかの問題は残るところです。公正証書でこうした書類を作れば,偽造に関しては争いが避けられる点が大きくなるところではあります。こうした点の問題については次回に触れたいと思います。

お問い合わせフォーム

早くから弁護士のサポートを得ることで、解決できることがたくさんあります。
後悔しないためにも、1人で悩まず、お気軽にご相談下さい。誠実に対応させていただきます。

広島市南区的場町1-2-16
グリーンタワー5F
TEL:082-569-7525
FAX:082-569-7526

アクセス

勁草(けいそう)法律事務所

Copyright © 2001- KEISO Law Firm. All Rights Reserved.