法律のいろは個人様のご相談

家や土地を買う際に注意をすることとは(その④境界の問題)

2015年10月7日 更新 

 家や土地を買う際の,隣の土地との境界の話を前回触れました。家や土地を買った際に,そんな問題は不動産業者がきっと何とかしてくれているはずという思いはあるかもしれません。しかし,どんな形で家や土地を買うのかは,最終的にはご自身で決めることですから,問題があるのかどうか・そもそもどんな形で買うのかは重要なところです。

 もちろん,全ての買う場合でいつも問題になるわけではありません。しかし,気にせずに土地を使って,たとえば,家を建て増しする際に実は越境していたという問題が出てくるかもしれません。この場合は,将来越境に気付かれた相手方に,その部分を撤去してくれ等と言う話をされるかもしれません。

 また,将来の相続や離婚,その他の事情で家や土地の売却をする際に,境界がはっきりしないという事で,売却できるかどうか・売却の際の金額に大きな影響が出てくるかもしれません。普段はあまり気にしないことですが,実際には境界の問題は大きな問題をはらんでいるように思われます。

 こうした場合に,境界をはっきりさせる(どこまでがお互いが持っている部分か)ためには,境界確認を行う(前提として測量などを行う必要があります)・その他話し合いを行う,どうしても話し合いがつかないような場合には,境界確定の裁判を行うという可能性もあります。少し細かいことを触れると,境界確定の裁判は,どこまでがお互いの土地かを決める裁判ではありません。ただし,以前触れた公図売買の場合には,公の境界がそのままお互いがどこまでの土地を持っているのかをはっきりさせることにつながってきますので,大きな意味合いを持つことがあります。

 境界確定の裁判は,通常イメージする裁判と異なる点を多く持つ特殊な裁判ですが,裁判所としては判断に至る際には,必ずどこかしらに境界を定めないといけない点は大きな特徴です。ただし,そのためには,言い分とそのための証拠の準備が必要なのは言うまでもありませんん。

 こうした問題は,弁護士はもちろんのこと土地家屋調査士の方等専門家に気になった場合は相談するのも一つの方法かと思われます。ただし,相談の後どこまで対応できるかはそれぞれの専門家ごとに異なっています。

お問い合わせフォーム

早くから弁護士のサポートを得ることで、解決できることがたくさんあります。
後悔しないためにも、1人で悩まず、お気軽にご相談下さい。誠実に対応させていただきます。

広島市南区的場町1-2-16
グリーンタワー5F
TEL:082-569-7525
FAX:082-569-7526

アクセス

勁草(けいそう)法律事務所

Copyright © 2001- KEISO Law Firm. All Rights Reserved.