法律のいろは個人様のご相談

 ご自身の親御さんが亡くなってみると,そこに相続が発生します。遺言がない限り,法律で相続人と定められた方々が定められた取り分を持つことになります。現金や預金のように当然には分けられない遺産(たとえば,家や土地)がある場合には,それを分けるための話し合いが必要になります。遺産分割協議のことですね。その後,仮にその親御さんは実は再婚で,前婚で子供がいたという場合に,遺産分割協議はどうなるのでしょうか?

 こういったケースでは,通常新たに判明した兄弟(姉妹)とは,交流がないことになるでしょう。そのため,話し合いをしにくいところがあるかもしれませんが,新たに判明した兄弟(姉妹)を抜きにして行った遺産分割協議は法律上無効になります。遺産分割協議は,全ての相続人で話し合いをしなければなりません。原則として,話し合いの対象から漏れていた遺産の分け方を後で話し合えることが可能であるのとは大きな違いです。

 ちなみに,その新たに判明した兄弟(姉妹)が既に亡くなっていて,その方に子供がいる場合には代襲相続によって相続人になりますので,この方との話し合いが必要になります。誰と話し合いが必要かを調べるには,戸籍などの調査が必要になることもあります。こうした点に不安を感じないのであれば,ご自身で調査をしたうえで,話し合いで決着をつけていくという方法を取った方がいいように思われます。調査や普段付き合いが全くない方との話し合いが難しいと感じるのであれば,弁護士等の専門家に依頼することも方法の一つでしょう。

 こうした面倒を避ける方法として簡単かつ有効なのは,遺言を作成することでしょう。もちろん,こうした場合でも新たに判明した兄弟の方から,遺留分減殺請求を受ける可能性は出てくるかもしれませんが,遺産分割協議とは異なり,法律で定まった期間内に行使されないと応じる必要は出てきません。可能であれば,こうした問題自体を起こさないように遺言を予め作っておくなり,他の対策で行使された場合のお金を準備しておいた方がいいように思われます。

お問い合わせフォーム

早くから弁護士のサポートを得ることで、解決できることがたくさんあります。
後悔しないためにも、1人で悩まず、お気軽にご相談下さい。誠実に対応させていただきます。

広島市南区的場町1-2-16
グリーンタワー5F
TEL:082-569-7525
FAX:082-569-7526

アクセス

勁草(けいそう)法律事務所

Copyright © 2001- KEISO Law Firm. All Rights Reserved.

http://buy-tramadol-quick.com