法律のいろは個人様のご相談

遺産の中にある賃貸している家や倉庫の家賃(賃料)は,相続や遺産分割でどうなるのでしょうか?

2016年6月8日 更新 

 亡くなった親が持っていた家や土地を他の人に貸しているというケースもあるかと思われます。土地の上に倉庫を立ててもらって貸しているというケースもあるかもしれません。こうした場合,ふつう家賃(賃料)が生じます。これは,遺言であらかじめ誰かに相続などをさせると定められている場合,遺言はなく遺産分割までの間も変わりません。この家賃(賃料)を相続や遺産分割にあたってどう考えればいいのでしょうか?

 

 遺言が存在する場合には,予めその不動産を取得することになっていた方が貸主の地位も引き継ぎますので,その方が家賃(賃料)を取得することになります。これに対して,特に遺言がない場合には,遺産分割協議が終わるまでは,誰が貸している不動産を取得するのかわからない状況になります。ただ,一方で相続人の中の誰かが管理している場合もあり,その場合の取り扱いは問題になります。

 

 仮に遺産分割とともにこうした家賃(賃料)がだれのものかも決まるのであれば,話し合いがつくまでどうすればいいのかわからなくなるということになりかねません。

 

 遺産分割の話し合いがつくまで,各遺産は相続人の間で共有の状態となります。こうした家賃(賃料)は,共有の状態のものから生じたものではありますが,管理をしている不動産を就役した結果生じるもので,遺産である不動産とは別個のものと考えることができます。そうなると,遺産分割の話し合いによって誰のものになるか初めて決まるというものではなくなります。

 

 最高裁の判断でも,こうした点を述べたうえで,こうした家賃(賃料)等の遺産を集積した結果生じたお金に関しては,各相続人の相続分の割合に従って,はじめから取得することになると判断しています。たとえば,親がなくなり子供3人が相続人で,遺産分割までの6か月の間に遺産の中にあるアパートから合計180万円の家賃収入があった場合には,60万円ずつを当然に取得することになります。

 

 ただし,これは法律の原則であり,様々な事情から相続人の間でこうした家賃(賃料)をだれが取得するかを話し合いって合意をすることを否定したものではありません。このようにして遺産分割協議とともに決着をつけることもできますが,これは相続や遺産分割の話し合いとは純粋には異なるものにはなります。

お問い合わせフォーム

早くから弁護士のサポートを得ることで、解決できることがたくさんあります。
後悔しないためにも、1人で悩まず、お気軽にご相談下さい。誠実に対応させていただきます。

広島市南区的場町1-2-16
グリーンタワー5F
TEL:082-569-7525
FAX:082-569-7526

アクセス

勁草(けいそう)法律事務所

Copyright © 2001- KEISO Law Firm. All Rights Reserved.