法律のいろは個人様のご相談

相手が自分で住んでいる家の住宅ローンを支払っている場合に,その分は婚姻費用で考慮されるでしょうか?

2016年6月7日 更新 

 夫婦が持ち家を持っているが別居をしている場合には,どちらかが家を出てどちらかが残るという場合が通常と考えられます。多くのケースでは妻が子供とともに家に残り,夫が住宅ローンの債務者でかつ支払いを続けていることかもしれません。こうした場合には,自分が今住んでいない家の住宅ローンを支払っているけれども,その分は婚姻費用として考慮されるかどうかという話になります。

 

 今回は,これとは異なり,先ほどのケースだと妻が子供と家に残り,住宅ローンを支払っている場合に,その部分を相手方に負担する形での婚姻費用の支払いを求められるかという話を触れます。言い換えれば,夫側でこうした請求に必ず応じないといけないのかという話になります。最近では,共働きやその他いろいろな事情からこうしたことに至る場合もありうるところでしょう。

 

 妻側としては,住宅ローンの負担まですると重いし,夫婦の財産形成の面もあるのだから夫側に一部でも負担してほしいという気持ちが出てくるかもしれません。しかし,先ほど挙げたよくある場合と考えられる,逆のケースと同じように考えられます。それは,夫側が住宅ローンを負担して,婚姻費用の支払いを求められている場合と同じく,財産形成に関する事柄は基本的に離婚をする場合の財産分与の中で考えるということです。

 

 言い換えれば,財産形成のための負担である住宅ローンも財産分与の中でどうするのかを考えるということになり,生活費である婚姻費用の話では基本的には考えないということになります。もちろん,調停などの話し合いの場で,これとは違う取り決めをすること自体は自由です。

 

 そのため,いくら子供を見ていてかつ住宅ローンを支払っている場合に,その分を考慮してということは中々難しい話になります。実際に,こうした内容の判断をした裁判例も存在するところです。住宅ローンについては,生活の場である家に深くかかわるとともに,別居に伴う経済的な困難によって支払いが難しくなり,どうするのかを考える必要が出てくるケースもあるかもしれません。

 

 こうした場合に,家の問題をどのように考えるのかは極めて重要な問題になってくるかもしれません。このように,婚姻費用を決めるだけでなく,住宅ローンや家の問題は日々の実際の生活などをどうするかにおいて,話し合うべきポイントとなってきます。

お問い合わせフォーム

早くから弁護士のサポートを得ることで、解決できることがたくさんあります。
後悔しないためにも、1人で悩まず、お気軽にご相談下さい。誠実に対応させていただきます。

広島市南区的場町1-2-16
グリーンタワー5F
TEL:082-569-7525
FAX:082-569-7526

アクセス

勁草(けいそう)法律事務所

Copyright © 2001- KEISO Law Firm. All Rights Reserved.