法律のいろは個人様のご相談

相続の際に,このお金はどうなるのですか?(その②)

2013年5月25日 更新 

 相続や遺産分割の際の話に取り扱いがどうなるのか問題になるお金の話を前回しました。

 問題になるお金の種類は多いのですが,前回は葬儀費用と香典・遺産管理費用について触れました。

 今回は,亡くなった方(被相続人)が亡くなった場合にお金が支払われる生命保険について触れていきたいと思います。こうした生命保険では,特定の相続人とされる人が保険金の受取人とされたり,単に相続人が受取人とされいるもの,全く受取人が指定されていない場合等あります。

 

 まず,前提として,生命保険の保険金は,保険金の受取人とされている方の固有の財産となるということが重要です。ですから,いかに亡くなった方(被相続人)が契約者で保険料を払っていても,その方の相続財産にはなりません。

 したがって,特定の相続人が保険金の受取人とされていた場合には,その方の自分の財産となります。ちなみに,この場合に,生命保険金が生活の資への贈与(遺贈)だから遺産分割にあたって考慮されるべきではないかということを伺うことがあります。特別受益と呼ばれる問題で,簡単に言えば,もらい過ぎの部分を遺産分割では調整すべきではないかというものです。

 詳しくは,いずれ触れますが,基本的には遺産分割でも考慮の対象とはなりません。ただし,遺産に比べ保険金が多すぎる等特別な事情があれば例外はあり得ます。

 

 次に単に相続人を保険金の受取人とするだけで,受け取る割合を指定しなかった場合もあり得ます。この場合には,法定相続分の割合で受取人の方の自分の財産に生命保険金はあたります。ですから,この場合にも,亡くなった方の相続財産にはなりません。

 

 問題は,全く生命保険金の受取人を指定しないで亡くなられた場合です。この場合には,法律や約款を解釈することで対応すると考えられています。約款で記載されている場合も結構あります。約款に保険金の受取人の指定がない場合には「相続人に対して支払います」と書かれていれば,相続人を保険金受取人として指定したのと同じ扱いとなります。

 

 このように,相続や遺産分割における生命保険金の取り扱いにも複雑なものがあります。

広島ブログよろしければ,クリックしてください。

お問い合わせフォーム

早くから弁護士のサポートを得ることで、解決できることがたくさんあります。
後悔しないためにも、1人で悩まず、お気軽にご相談下さい。誠実に対応させていただきます。

広島市南区的場町1-2-16
グリーンタワー5F
TEL:082-569-7525
FAX:082-569-7526

アクセス

勁草(けいそう)法律事務所

Copyright © 2001- KEISO Law Firm. All Rights Reserved.