法律のいろは個人様のご相談

相続の際に,このお金はどうなるのですか?(その③)

2013年5月27日 更新 

 相続や遺産分割の際に,このお金はどうなるのかということで2回触れてきました。

 今回は,負債はどうなるのかについて簡単に触れてみたいと思います。

 そもそも,負債も当然に相続の対象となります。負債が多く残った場合の対応としては,相続放棄や限定承認という方法もあります。詳しくはいずれ触れたいと思います。ただし,遺産分割の対象に負債は含まれないことには注意が必要です。

 

 連帯債務

  連帯債務も相続の対象にはなります。ただし,注意すべきは,相続人が複数いる場合には,相続人が相続分に応じて分割した形で,連帯債務者になる点です。たとえば,亡くなった方(被相続人)が100万円の連帯債務者で相続人が二人いるとします。

  この場合,相続人は相続分(半分)に応じて,連帯債務を負います。

  つまり,100万円÷2=50万円,ずつを連帯債務として追うことになります。ちなみに,連帯債務の場合には,本来の債務者と同じ負債を負うことになります。

 

 保証債務

 保証債務の場合は種類により異なります。ちなみに,今民法の改正が議論されていますが,ここでの話は現在までの法律を前提とします。

 保証債務には

 ①身元保証や信用保証のように,長期間の契約などにもとづき発生する負債を保証するもの

 ②特定の負債を保証するもの

 とがあります。②は中小企業の経営者の方にも多いのではないでしょうか?

  ①については,亡くなった方が保証人だった場合に,相続はされません。ただし,注意しておくべきは,既に具体的に発生した負債については相続されます。たとえば,身元保証についていえば,雇い主に払わないといけないお金が発生している場合には,この部分は相続されます。②と同じようになります。

 

 ②については,確定している金額ですので,相続されます。身元保証や信用保証について書きましたけど,相続に際しては,具体的に金額がはっきりしている保証人としての負債がないかどうかきっちりと確認する必要があります。しっかりと気を付けたいところですね。

 

お問い合わせフォーム

早くから弁護士のサポートを得ることで、解決できることがたくさんあります。
後悔しないためにも、1人で悩まず、お気軽にご相談下さい。誠実に対応させていただきます。

広島市南区的場町1-2-16
グリーンタワー5F
TEL:082-569-7525
FAX:082-569-7526

アクセス

勁草(けいそう)法律事務所

Copyright © 2001- KEISO Law Firm. All Rights Reserved.