法律のいろは個人様のご相談

相続で,亡くなった方から生前援助を受けたことは,どう考えるのでしょうか?(その⑪)

2013年8月10日 更新 

 前回まで特別受益とは何か・どの範囲の人が生前援助を受けたときに特別受益による調整が必要となるのかという話をしました。

 

 以前,遺産分割において生前の援助を調整するかどうかという点で

  ①問題にしている事柄が,生計を立てるためのお金をもらったということができるか

  ②他の相続人との取り分の調整を行う必要がないという亡くなった方からの意思表示 

   があったか

 という2つの点が問題になることを触れました。これまでの話は①に関わるものです。主には何が特別受益にあたるのかという話でした。

 こうした特別受益が存在していても,持ち戻し免除の意思表示が存在した場合には,原則として調整を行わないことになります。もち戻し免除意思表示があるのかどうかというのが②の問題です。

 

 もち戻し免除の意思表示があれば,原則調整は行われなくなります。ということは,当然調整がされる例外が出てくることになります。持ち戻し免除の意思表示があっても,遺留分を侵害することはできません。

 ここで出てくる遺留分とは,ある範囲の法律で定められた相続人には,亡くなった方の財産の一定割合が確保されるように定められているという制度です。亡くなった方が遺言で財産を自由に処分しようとしても制約が加わる部分ということができます。実際に,遺留分の範囲まで自由に財産を処分した場合には,遺留分減殺請求権という権利を行使することで,財産の一定割合を確保することができます。

 遺留分自体複雑な制度ですので,いずれ詳しく触れたいと思います。

 

 先ほど触れましたように,持ち戻し免除の意思表示さえあれば,生前援助が特別受益でも遺産分割では調整されません。では,遺留分を侵害できないというのはどのような意味なのでしょうか?考え方として

 ①遺留分の範囲では調整されるという意味と考えることもできます。

 ②先ほど触れた遺留分減殺請求権のように,権利を行使することで持ち戻し免除の意思  

  表示という亡くなった方の行動に制約を加えるのだと考えることもできます。

 

 このように考え方には対立がありますが,一般には②の考え方が取られています。ですから,持ち戻し免除の意思表示に問題があると考えるならば,遺留分減殺請求という権利を行使する必要があります。

 では,遺留分減殺請求はどのように行えばいいのか・行ったらどうなるのかという点が疑問として出てくるところです。

 

 次回に続きます。

 

 

お問い合わせフォーム

早くから弁護士のサポートを得ることで、解決できることがたくさんあります。
後悔しないためにも、1人で悩まず、お気軽にご相談下さい。誠実に対応させていただきます。

広島市南区的場町1-2-16
グリーンタワー5F
TEL:082-569-7525
FAX:082-569-7526

アクセス

勁草(けいそう)法律事務所

Copyright © 2001- KEISO Law Firm. All Rights Reserved.