セミナー・相談会

事務所報令和2年10月号(通算第146号)をメルマガで配信しました

 

「画竜点睛ー勁草法律事務所通信(通算第146号)」をメールマガジンで配信いたしました。
配信しました記事は以下のとおりです。

●嘘のうわさ・度を越したクレーム,感染症になったから休むなどによる損害への対応は?賠償請求と業務妨害罪(オリジナル記事) 

●パート社員や契約社員の待遇の違いとリスク(最高裁判所の最近の判断について)(オリジナル記事)

●減価償却がよくわかる!『定額法』と『定率法』を解説


詳しくはデータをご覧ください。

画竜点睛ー勁草法律事務所通信(通算第146号)

お問い合わせフォーム

早くから弁護士のサポートを得ることで、解決できることがたくさんあります。
後悔しないためにも、1人で悩まず、お気軽にご相談下さい。誠実に対応させていただきます。

広島市南区的場町1-2-16
グリーンタワー5F
TEL:082-569-7525
FAX:082-569-7526

アクセス

勁草(けいそう)法律事務所

Copyright © 2001- KEISO Law Firm. All Rights Reserved.