セミナー・相談会

事務所報令和2年10月号(通算第145号)をメルマガで配信しました

 

「画竜点睛ー勁草法律事務所通信(通算第145号)」をメールマガジンで配信いたしました。
配信しました記事は以下のとおりです。

●他の方の荷物を預かった場合に傷をつける・なくした場合に負う義務とは?事業者の場合には?(オリジナル記事) 

●来店客の先着3名に粗品を渡す場合、どのような法規制があるのでしょうか?(オリジナル記事)

●どれを買っても同じ?自社商品のコモディティ化のリスクと脱却の方法


詳しくはデータをご覧ください。

画竜点睛ー勁草法律事務所通信(通算第145号)

お問い合わせフォーム

早くから弁護士のサポートを得ることで、解決できることがたくさんあります。
後悔しないためにも、1人で悩まず、お気軽にご相談下さい。誠実に対応させていただきます。

広島市南区的場町1-2-16
グリーンタワー5F
TEL:082-569-7525
FAX:082-569-7526

アクセス

勁草(けいそう)法律事務所

Copyright © 2001- KEISO Law Firm. All Rights Reserved.