法律のいろは個人様のご相談

民法改正で「成年」が変更されることでの影響は?

2018年4月28日 更新 

 現在,国会で「成年」を変更することが審議されています。様々なニュースで国会審議の状況が現在報道されていますが,法改正で「成年」が変更されることになった場合にどのような影響がありうるのか等を簡単に触れていきたいと思います。

 

 まず,ここでいう「成年」とは,20歳未満の者が原則当てはまるとされ,主に結婚をいつの時点から自分の判断だけでできるのか・契約をした際にどこまで判断が十分できないものとして守られるのかという話と関わってきます。既に法律改正のされた投票をいつからできるのかという話とは別のものですし,刑事事件を起こした場合の扱いとは違います。また,今回の法律改正がされたとしても,飲酒や喫煙が20歳から許容される(改正によって,「成年」から「20歳以上」と変更される見通しです)点は変わりません。また,養子をとることも20歳に達しないとできないのはこれまでと同様です。

 

 これまで未成年(20歳未満)であった場合には,結婚は男性18歳以上・女性16歳以上からできるものの,親権者の同意が必要とされてきました。改正により,男女とも18歳から自らの判断で法律上はできるようになる見通しです。また,未成年の方が契約をした場合には,親権者の同意なく行われれば原則として取り消しができます。ここでの取り消しとは,取り消すという意思を契約の相手に示すことで,その契約がなかったことになるという意味です。取り消せない場合には,たとえば,代金の支払いをしないといけなくなることがあるなど,取り消せるかどうかは重要な意味を持ってきます。ここで例外となるのは,実際には「成人」でないにもかかわらず,「成人」であると偽って契約した場合だけですので,未成年かどうかは大きな意味合いを持ちます。

 特に18歳から20歳の間は一人暮らしなど生活環境が変わる一方で,様々な取引に触れる機会が出てくることから消費者被害が増えるのではないかという懸念が存在します。不安をあおって契約につなげる・人間関係を利用して断れないように仕向けて契約につなげるような場合です。こうしたこともあって,民法の改正とともに,消費者が契約の取り消しを図るパターンを増やす法律の改正案(消費者契約法の改正案)も提出されています。そこでは,先ほど触れたような「社会生活での経験が不十分なことを利用した契約」に対して取り消しができるようにすると定められていますが,これで十分なのかどうかは議論のあるところです。

 ちなみに,消費者契約法の改正案では,不安をあおって契約につなげることや恋愛関係等の人間関係を利用しての契約締結の場合でも契約を取り消せるようにする・都合のいいことを言って不利益なことを告げずに契約につなげる場合に取り消せる場合を拡大すること等が盛り込まれています。

 

 若年層でも消費者被害の相談もありますし,就職・進学をして親元を離れたお子様がいる方にとっても注目すべきところと思われます。

 

 

 

 

 

お問い合わせフォーム

早くから弁護士のサポートを得ることで、解決できることがたくさんあります。
後悔しないためにも、1人で悩まず、お気軽にご相談下さい。誠実に対応させていただきます。

広島市南区的場町1-2-16
グリーンタワー5F
TEL:082-569-7525
FAX:082-569-7526

アクセス

勁草(けいそう)法律事務所

Copyright © 2001- KEISO Law Firm. All Rights Reserved.