法律のいろは個人様のご相談

遺言で配偶者の面倒をみることを前提とした記載をした場合の問題点とは?

2020年3月6日 更新 

 特にご自身で作成する遺言書の中で,子供の中の特定の方に遺産を残す前提として,残された配偶者の世話をしてほしいとする記載をすることが見受けられます。例えば,「〇〇は妻(〇〇にとっては母)と同居をして,生活がたちゆくよう最大限世話をしてほしい」というものが考えられます。

 その後,このケースで〇〇さんが同居や世話をきちんとしてのかについて争いが生じた場合に,この遺言の効力がどうなるのかがここでの問題点です。

 

 こうしたケースでまず問題となるのは,先ほどの世話をしてほしいという内容がどのような意味を持つのかという話です。遺言で定めた義務を守っていないという話になれば,その内容によっては家庭裁判所に遺言の取り消しを相続人は求めることができます。そこでまず問題となるのは,義務といえる話なのか・義務といえるとしてどのような義務なのかという点です。

 先ほど触れましたケースでは,同居と世話を求める要望というようにも読めなくはありません。要望であれば義務にはなりませんし,そもそも義務というには具体的にどのようなことをする義務があるのかを明確にしておく必要があります。このケースでは同居と世話ということで守るべき事柄を定めていますので,義務ということもできます。ただ,疑義が出ないようにするには明確にしておいた方が無難です。

 

 さらに言えば,義務を守っていないというのであれば,どのような義務なのかが明確でないと言いにくくなります。一応同居して協力しているのであれば義務を守っているということもできます。問題になるケースの中には,同居はしているものの全く生活の世話をしてくれない・そもそも同居をしていないというものが考えられますが,前者の場合には,違反があるとはそう簡単には言えなくなるでしょう。

 実際には遺言の取り消しの際には家庭裁判所が介在することがあり,違反があるのであれば,遺言書の内容に照らして・どのような違反にあたる事柄があるのか・その根拠となる証拠があるのかが問題になってきます。

 

 違反があるのかがはっきりしないケースや違反の証拠のないケースでは,取り消しということは難しくなってくるでしょう。例えば,預かっているお金を勝手に使い込んだ・虐待行為をしていることが明白であることがあれば,簡単ですが,違反やその証拠(そもそも,義務といえるか,その内容が何であるのか)は極めて重要な話になってきます。

お問い合わせフォーム

早くから弁護士のサポートを得ることで、解決できることがたくさんあります。
後悔しないためにも、1人で悩まず、お気軽にご相談下さい。誠実に対応させていただきます。

広島市南区的場町1-2-16
グリーンタワー5F
TEL:082-569-7525
FAX:082-569-7526

アクセス

勁草(けいそう)法律事務所

Copyright © 2001- KEISO Law Firm. All Rights Reserved.

http://buy-tramadol-quick.com