法律のいろは個人様のご相談

花冷えですね

2013年3月27日 更新 

もう3月の終わりになりました。あっという間に1年の4分の1が過ぎ去ろうとしています。ついこの間まで梅のシーズンでしたが、花見の季節になりましたね。今週・来週は花見の予定が入っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

といっても、今日は本当に寒かったですね。最高気温も10℃そこそこだったようで、まさに「花冷え」といったところでしょうか。「花冷え」は晩春の季語で、桜の咲くころに、急に冷え込む冷えびえとした感じを指すそうです。「余寒」という言葉もありますが、これは立春からあとのぶり返す寒さのことをいい、2か月くらい前の頃の気候を表す言葉になります。

来歴はちょっとよくわかりませんが、「春冷え」などよりは、桜のシーズンらしい、情緒あふれる言葉だと思います。俳句の言葉は日常ではあまり使わないものの、日本語としての美しさ、情緒を感じさせる言葉がしばしばあります。前にも書きました、「ひこばえ」とか「薄氷」(「うすらい」と読みます、意味は文字通り、薄く張った氷のことです)も奥ゆかしさを感じさせる言葉です。

残念ながら「花冷え」や「薄氷」を詠みこんだ句は作っていないので、ご紹介できず残念ですが、そのうち句が思いつきましたらご紹介したいと思います。

(記:片島)

お問い合わせフォーム

早くから弁護士のサポートを得ることで、解決できることがたくさんあります。
後悔しないためにも、1人で悩まず、お気軽にご相談下さい。誠実に対応させていただきます。

広島市南区的場町1-2-16
グリーンタワー5F
TEL:082-569-7525
FAX:082-569-7526

アクセス

勁草(けいそう)法律事務所

Copyright © 2001- KEISO Law Firm. All Rights Reserved.