法律のいろは個人様のご相談

遺言が無効(その④)

2013年5月3日 更新 

 自筆証書遺言について,遺言が無効かどうか問題になるケースを取り上げました。

 法律上,遺言は決められた形式で書いていないと無効にされてしまう⇒せっかく書いても意味がなくなるので,注意が必要なところです。自分で書くという自筆証書遺言でも同じです。今回は前回の補足です。

 復習ですが,自分の手で遺言内容の前文と自署をしたうえで押印する必要があります。日付も記載しないといけません。

 自分の手で,というところがありますので,パソコンで作成した場合には,自分の手では書いていません。ですから,基本的に無効です。ちなみに,普段からタイプライターを使っている外国人がタイプライターで遺言をした場合に,日本の法律でも自分で書いたということに等しいと判断した裁判例があります。この裁判例にもあるとおり,自分で書いたことが必要で,欧米の方など特別のことでもないかぎりは,自分の手書きでないと無効になるかと思われます。

 パソコンを使ってということなら,自分の手で書くという自筆証書遺言ではなく,秘密証書遺言等他の方法によった方がいいでしょう。

 同じく自分の手で書いていないという理由から,遺言した人本人が話したことを書きとるとか・録音するという方法も無効になってしまいます。この場合も他の方法によるべきでしょう。

 自分の手で書くということで問題となるのは,どの部分まで自分で書くのかという点です。特に,第3者が書いた図面や目録を遺言書にくっつけている場合に問題となります。図面や目録に書いているものについて相続が発生する場合には,図面や目録が重要部分と考えられるのではないかということです。

 主には,遺言で不利益を被る人(要はあまりもらえなかった人)から問題にされるところです。

 色々と裁判例のあるところではあります。単に遺言書にくっつけただけでは,遺言者以外の人の書いた部分が遺言で重要な部分として存在するので,無効と判断される傾向にあるように思えます。

 そうではなく,図面などに添え書きや指示書きをしておくなど,図面等の部分も遺言者の自筆で書いた部分と一体化したものであるようにしておくと,全体として自分で書いたと判断される傾向にあるような印象です。

 土地があって図面が必要とか・財産が結構あって目録が必要という場合には,自分で遺言書を書くならば,注意が必要なところですね。

 前回の補足ですが,遺言をする人が高齢や病気の場合に,他の人が手を添えても遺言が有効になる場合があるという話をしました。筆跡から見ての判断ということにはなりますけど,無効と判断されるリスクもあるところです。ですから,公正証書など他の方法を考えた方が無難なように思えます。

 自筆証書遺言だけ見ても補足する点がありますが,他の形式のものを含めてまた次回触れたいと思います。

お問い合わせフォーム

早くから弁護士のサポートを得ることで、解決できることがたくさんあります。
後悔しないためにも、1人で悩まず、お気軽にご相談下さい。誠実に対応させていただきます。

広島市南区的場町1-2-16
グリーンタワー5F
TEL:082-569-7525
FAX:082-569-7526

アクセス

勁草(けいそう)法律事務所

Copyright © 2001- KEISO Law Firm. All Rights Reserved.