法律のいろは個人様のご相談

スムーズな相続とするには?(その①~「争族」になりやすいケースって?)

2013年5月11日 更新 

 最近、ちまたでは相続・遺言とか、「終活」という言葉をよく聞くようになりました。高齢化社会を反映しての、一つの社会現象的なものでしょうか。

 ただ、確かに相続や遺言に関するご相談は増えてきているかなという印象はあります。遺言の方は何回か別のコラムで詳しく取り上げていますので、今日は相続の話を取り上げてみようと思います。

 相続というと、時々耳にするのが「争族」という言葉です。相続問題で争う家族のことをもじっていう言葉ですが、この「争族」になりやすいパターンというのがあります。

 よくあるのが家族関係が複雑なケースです。

 亡くなった人が何度か結婚、離婚していてその間にそれぞれ複数の子どもがいる場合。この場合は亡くなった人の配偶者と、亡くなった人の連れ子との争いや、配偶者の連れ子と亡くなった人が養子縁組をしていて、実子と養子が争いになるなど、いろんなパターンがありえます。

 要は潜在的に、相続が発生すると争いが勃発しやすいケースの典型的なものといえます。

 ここ最近は、夫(妻)を亡くした人が、子どもはいるが大きくなってそれぞれの家庭を持っているから、頼りにくいなどの事情から、再婚をすることも増えてきているようですので、上のようなケースも増加してきているように思います。

 また、亡くなった人が再婚はしていないが、内縁関係にある人がいたという場合もあります。この場合は、内縁関係にある人には相続権はありませんが、遺贈などあるとそれを巡っての争いになる可能性があります。

  さらに、相続人の間の仲が悪いという場合。意外とあるのがきょうだいの仲が悪く、あとあと相続でもめるケースです。これもケースバイケースではあるのですが、相続人のうち特定の人だけ、学費や結婚資金などの援助を受けていて、他のきょうだいは受けていないか額が少ない、というようにきょうだい間で親からの援助に格差がある場合、もめやすい印象があります。

  前にも触れましたが、きょうだいのうち親の介護をしていた人がいる場合、親が亡くなったあと、介護をしていたことを金銭的にみた上での取り分を求め、争いになるケースもあります。

  それから、遺産として、山林とか居宅など不動産しかない場合もどう分けるかでもめることがあります。

  こういったもめやすい下地が既にあるような場合、どうやったらスムーズに相続を進め、「争族」にならないようにするか、を考えることが大事です。

  次回以降、そういった方法としてどんなものがあるかを考えていきたいと思います。

お問い合わせフォーム

早くから弁護士のサポートを得ることで、解決できることがたくさんあります。
後悔しないためにも、1人で悩まず、お気軽にご相談下さい。誠実に対応させていただきます。

広島市南区的場町1-2-16
グリーンタワー5F
TEL:082-569-7525
FAX:082-569-7526

アクセス

勁草(けいそう)法律事務所

Copyright © 2001- KEISO Law Firm. All Rights Reserved.