法律のいろは個人様のご相談

相続で,亡くなった方から生前援助を受けたことは,どう考えるのでしょうか?(その③)

2013年6月11日 更新 

 相続人の一人(特に子供)が,亡くなった方(被相続人)から,生前援助を受けていた場合に,遺産分割でどう考えるのかについて,これまで2回に触れました。

 

 こうした部分を遺産分割において調整するものとして,特別受益と呼ばれるものがあることを述べました。ただ,問題になる点として

  ①問題にしている事柄が,生計を立てるためのお金をもらったということができるか

  ②他の相続人との取り分の調整を行う必要がないという亡くなった方からの意思表示があったか

 があるのは,これまでも触れました。

 

 ①が問題となるのは,特別受益といえるのは,遺言による贈与を除けば

 ・援助,贈与がなされたこと

 ・援助,贈与が財産を受け取った側の生計の費用のためになされたこと

が必要だからです。

 このうち,贈与がなされたというには,あげる方と貰う方に贈与の合意が必要となります。生計の費用かどうかは,贈与・援助をした理由や金額から考えます。生計を立てていくのに関係あることとある程度まとまった額の財産を得たという必要があります。

 法律上の扶養義務の範囲内であれば,義務を果たしただけですから特別受益とはいえません。逆に相続分の前渡しと言えれば,基本的には特別受益となります。扶養義務の範囲内といえるかどうかは,亡くなった方(被相続人)の生前の財力や生活状況,受け取った側の状況等を考慮します。

  

 問題となる点をとりあえず2点挙げていきます。

 1 少しずつお金を相続人貰っていた場合で,長期間に及んだ場合に特別受益となるのでしょうか?

  1回あたりの金額が少額であれば,生計の費用のためになされたとは考えにくいです。これは,そうした少額の援助が長く続いた場合であっても,同様に特別受益とは考えにくい傾向にあります。ただし,援助・贈与をした理由にもよりますので,ケースバイケースです。

 

 2 亡くなった方(被相続人)の通帳の払い出しがあった場合は特別受益になるのでしょうか?

  単に通帳を預かっていた相続人が,お金を引き出しただけでは,贈与があったとは直ちには言えません。お金を引き出した時期と相当近い時期に近い金額のお金が相続人の口座などに入っていた場合には,贈与といえる可能性もあります。注意するべきは,この場合でも相続人が勝手に払い込んだのであれば,贈与ではないということです。

  ですから,特別受益になるケースもあるということです。

 引き出したお金を無くなった方(被相続人)に渡したという話をしている場合には,実際に渡しているかどうかは問題となります。渡していたということであれば,当然贈与はないこととなります。

 通帳からの払い出しなどの問題は別の機会にも触れたいと思います。

  

 

 

 

お問い合わせフォーム

早くから弁護士のサポートを得ることで、解決できることがたくさんあります。
後悔しないためにも、1人で悩まず、お気軽にご相談下さい。誠実に対応させていただきます。

広島市南区的場町1-2-16
グリーンタワー5F
TEL:082-569-7525
FAX:082-569-7526

アクセス

勁草(けいそう)法律事務所

Copyright © 2001- KEISO Law Firm. All Rights Reserved.