法律のいろは個人様のご相談

相続で,亡くなった方から生前援助を受けたことは,どう考えるのでしょうか?(その④)

2013年6月15日 更新 

 相続人の一人(特に子供)が,亡くなった方(被相続人)から,援助を受けていた場合に,遺産分割での取り扱いについて,何度か触れてきました。

 

 こうした援助を遺産分割において調整するものとして,特別受益と呼ばれるものがあることを述べました。特別受益に関わる問題点として

 ①問題にしている事柄が,生計を立てるためのお金をもらったということができるか

 ②他の相続人との取り分の調整を行う必要がないという亡くなった方(被相続人)から意思表示があったか

 があるのは,これまでも触れました。

 

 今回は①について,生命保険金(いわゆる死亡保険金)が,生計を立てるためのお金を貰ったと言えるかどうかについて触れてい行きます。

 

 以前,生命保険金(死亡保険金)は,相続財産に普通はいることはなく,受取人自身の財産になるという話をしました。ただ,保険料を亡くなった方が負担していたなら,その分は援助ではないかという考え方が出てくるのかもしれません。

 しかし,裁判例上は,原則として,死亡保険金は特別受益にはあたらないと判断しています。理由として,保険料はなくなった生前に保険会社に支払ったのに対し,保険金は亡くなった後に発生するものである等のことを考えています。

 

 ただし,裁判例では,例外的に特別受益と同じように考えて,遺産分割で調整する余地はあると述べています。その余地というのは,公平の点から調整しないと明らかにおかしいと言える場合であるということです。

 そういった場合にあたるかどうかとして,何点かの考えるべき点を,裁判例は挙げています。そうした点は

 ①保険金の金額

 ②保険金の額が亡くなった方(被相続人)の遺産の金額と比べてどの程度のものか

 ③保険金を受け取る方と亡くなった方(被相続人)が同居していたか

 ④亡くなった方(被相続人)の介護などに保険金を受け取る方がどの程度貢献していたか

 ⑤保険金を受取る方と他の相続人との関係

 ⑥各相続人の生活実態

 が主な点です。その他の事情も踏まえて,総合考慮して調整が必要となるか否かの話になってきます。

 つまり,①から⑥のうち,いくつ当てはまればいいかという簡単な話ではありません。

 

 こうした点の詳細は次回に続きます。

お問い合わせフォーム

早くから弁護士のサポートを得ることで、解決できることがたくさんあります。
後悔しないためにも、1人で悩まず、お気軽にご相談下さい。誠実に対応させていただきます。

広島市南区的場町1-2-16
グリーンタワー5F
TEL:082-569-7525
FAX:082-569-7526

アクセス

勁草(けいそう)法律事務所

Copyright © 2001- KEISO Law Firm. All Rights Reserved.

http://buy-tramadol-quick.com