セミナー・相談会

事務所報令和2年8月号(通算第138号)をメルマガで配信しました

 

「画竜点睛ー勁草法律事務所通信(通算第138号)」をメールマガジンで配信いたしました。
配信しました記事は以下のとおりです。

●業務中に発生した損害の賠償や受講した研修の費用を退職時に返還することを義務付けることができますか?(オリジナル記事) 

●相手に渡したお金が貸金か贈与か等が問題になった際の対応はどうなるのでしょうか?(オリジナル記事)

●『人手不足対応ガイドライン』と『対応事例集』で人手不足解消!


詳しくはデータをご覧ください。

画竜点睛ー勁草法律事務所通信(通算第138号)

お問い合わせフォーム

早くから弁護士のサポートを得ることで、解決できることがたくさんあります。
後悔しないためにも、1人で悩まず、お気軽にご相談下さい。誠実に対応させていただきます。

広島市南区的場町1-2-16
グリーンタワー5F
TEL:082-569-7525
FAX:082-569-7526

アクセス

勁草(けいそう)法律事務所

Copyright © 2001- KEISO Law Firm. All Rights Reserved.