相続紛争への対応

予防・紛争解決共に対応できる弁護⼠が親⾝にサポートします。

こんなお困りごとはありませんか︖

  • 遺⾔書がなく遺産分けの⽅法で対⽴している。
  • 遺⾔で⼀⼈の相続⼈が全財産を相続するとなっていて取り分がない。
  • 遺産の話をしようと思っても⼀部の相続⼈が通帳を⾒せてくれない。
  • 亡くなった⼈に多額の負債があることが判明したがとても払えない。

考えられる対策について

遺産分割

遺⾔書がない場合の遺産分割についての交渉、話し合いでまとまらないときの遺産分割調停の代理⼈、あるいは遺産の範囲が問題になる場合などにも対応いたします。

遺留分侵害額請求

相続財産について、法律で認められている割合に基づき遺留分侵害額の権利を主張・話し合いでまとまらない場合の裁判対応をします。

預⾦使い込みの判明

相続発⽣後に⼀部の相続⼈などによる亡くなった⽅の遺産の使い込みが判明した場合、預⾦⼝座を管理していた相続⼈などとの交渉、話し合いがまとまらない場合の裁判対応を⾏います。

相続放棄

相続が発⽣したものの、亡くなった⽅に負債があり相続したくない、といった場合に⾏う相続放棄の⼿続きをサポートいたします。

サービス概要

  • 下の⾦額は,弁護⼠報酬の⽬安です。消費税は含まれていません。
    具体的な⾦額は弁護⼠と⾯談の上決定 させていただきます。

(1)遺産分割協議書作成(相続人の間で争いのない場合)

10万円〜(詳細はお⾒積りしますので、お問い合わせください)

  • 相続⼈の数・相続財産の数に応じて,この⾦額の中で決めさせていただく⽬安の⾦額です。
  • 数世代にわたって遺産分割されていない・相続⼈関係が複雑な場合には別途協議の上報酬を決めさせていただきます。
  • 登記簿や⼾籍謄本といったいわゆる実費は上記の⾦額に含まれていません。

(2)交渉・調停・審判/遺留分侵害額請求への対応(相続人の間で争いのある場合)

経済的利益 着手金 報酬金
~300万円 10%(最低100,000円) 10%〜
300〜3,000万円 8%+60,000円〜 8%+120,000円〜
3,000万円〜3億円 5%+900,000円〜 6%+720,000円〜
3億円~ 5%+1,000,000円〜 6%+850,000円〜
  • 交渉から調停・訴訟へ移⾏、遺留分侵害額請求に関する事件については交渉・調停から訴訟に移⾏した場合に、 追加の着⼿⾦を当初着⼿⾦の50%の範囲内で頂きます。
  • 報酬⾦は事件終了時(依頼終了時で依頼のうち達成された部分があれば依頼終了時)に⼀度発⽣します。
  • 訴訟の場合には、1審ごとに着⼿⾦を頂きます。第1審での着⼿⾦の50%の範囲内です。
  • 経済的利益の選定基準
    遺産分割請求 対象となる相続分の時価相当額
    遺留分侵害額請求事件 対象となる遺留分の時価相当額
    ただし、算定できない部分(遺産範囲の裁判など)があれば800万円の経済的利益として計算します。

(3)相続放棄手続き

1人当り5万円〜

  • 財産関係など複雑な場合には、追加で頂く⾦額が⽣じることがあります。

よくある法律問題

解決事例

case1. 状況

相続人の一人が被相続人の預貯金を管理しており、相続発生後多額の現金が引き出されていたことが判明したケース。

case1. 結果

管理をしていた相手方に使途の説明を求め、被相続人の利益のために使っているとはいえない部分が相当程度あったとして、最終的に相手方がまとまった金額の支払いをすることで話がつきました。

case2. 状況

相手方と遺産分割協議中に相手方と連絡がとれず、その子に連絡しても応答がなかったことから、相続人が不在であるとして不在者財産管理人選任申立と遺産分割調停の申し立てをしたケース。

case2. 結果

その後相続人の所在が判明し、当初の希望通りの条件で不動産を売却して相続分で按分することで話がつきました。

ご依頼者様の声

60代(⼥性)

ご依頼の決め⼿

両親が⻑年困っていた⼟地建物の件で、両親の死後解決されないままであったので、私たちの代で何としても解決したいと思った。

ご依頼後の感想

話し合いのテーブルに付かない相⼿に対して解決のめどがつくところまで話が進んだこと、良かったと思っている。私たちの思いを相⼿⽅に整理して伝えてもらったことが何より安⼼感がありました。

60代(⼥性)

ご依頼の決め⼿

両親が残した貸家だが家賃の未納が続いて困っていた。

ご依頼後の感想

期間の⽬途が⽴ち⼀安⼼。これが⼀番良かった。

ご相談は相続関係の知識・経験豊富な弁護士へ

経験を活かして、少しでもみなさんのお力になりたいと思っています。

メールフォームもしくはお電話で、お問い合わせ・相談日時の予約をお願いします

早くから弁護士のサポートを得ることで、解決できることがたくさんあります。後悔しないためにも、1人で悩まず、お気軽にご相談下さい。誠実に対応させていただきます。