費用について

はじめに

弁護士の仕事はいわゆるオーダーメイド型のものであり、以下のものは全て目安であり、あくまで一例です。詳細はケースバイケースですのでお問い合わせください。弁護士の費用は、着手金(ご依頼いただく仕事の開始にあたって頂く費用)と成功報酬(経済的利益により仕事終了時に発生するもの)の二つが主なものです。

当事務所では、ご依頼いただくかどうかご検討いただくための材料の一つとして、弁護士費用の見積もりをさせていただいています。その際に、弁護士費用の説明もさせて頂いていますのでご参考にしてください。※以下、消費税が別途かかります。実費が別途生じます。

離婚問題

①離婚協議書作成

原則10万円〜
(内容により変動いたしますので、別途協議させて頂きます)

②裁判所以外での話し合い

着手金 20万円
親権が争いになる場合には別途10万円の着手金を頂きます。
報酬金 離婚が争いになっていて成立 20万円〜
但し、有責配偶者からの離婚請求については別途協議とします。
別途経済的利益 10%
(請求に対し、最終的な給付の額が減額した場合には減額分に対する成功報酬を含みます)
親権について争いがあり、親権を獲得した場合には、
上記に加え別途20万円を報酬として頂きます。
面会交流を確保した場合 別途10万円〜(難易度によります)

③裁判所での調停(話し合い)までの場合

着手金 30万円
親権が争いになる場合には別途10万円の着手金を頂きます。
報酬金 離婚が争いになっていて成立 30万円〜
但し、有責配偶者からの離婚請求については別途協議とします。
別途経済的利益 15%
(請求に対し、最終的な給付の額が減額した場合には減額分に対する成功報酬を含みます)
親権について争いがあり、親権を獲得した場合は、上記に加え別途30万円〜を報酬として頂きます。
面会交流を確保した場合 別途10万円〜(難易度によります)

④裁判に至るケース

着手金 40万円
親権が争いになる場合には別途10万円の着手金を頂きます。
報酬金 離婚が争いになっていて成立 40万円〜
但し、有責配偶者からの離婚請求については別途協議とします。
別途経済的利益 15%
(請求に対し、最終的な給付の額が減額した場合には減額分に対する成功報酬を含みます)
親権について争いがあり、親権を獲得した場合は、上記に加え別途40万円〜を報酬として頂きます。
面会交流を確保した場合 10万円〜(難易度によります)

⑤各種手続き(離婚と別に行う場合)

※ア・イについては、➀〜④の中で行う場合は、別途弁護士費用は生じません。
※ウ・エ・2については、➀〜④に加えてさらにご依頼を頂く場合、当初事件の着手金の50%を目処に追加の着手金を頂きます。詳しくはお問い合わせ下さい。

ア 婚姻費用

着手金 10万円~
報酬金 お受け取りになる2年分の額の5%

イ 離婚後の養育費の請求

着手金 10万円~
報酬金 受け取りになる2年分の額の5%

※ア・イの不履行を理由とした強制執行の場合は、執行の着手金として、別途10万円を頂きます。詳細はお問い合わせ下さい。

ウ 子の監護者指定・子の引渡し

着手金 30万円~
報酬金 30万円~

エ 面会交流

着手金 25万円~
報酬金 25万円~

2 DV関係事件(保護命令の申立)

着手金 30万円~
報酬金 30万円
申立をした場合は保護命令が認容された場合
申立をされた場合は保護命令が却下された場合に発生。

3 日当

面会交流の立会い 1回1万円
特に紛争性が高い場合は別途協議

相続問題

①遺産分割協議書作成(相続人の間で争いのない場合)

10万円〜(詳細はお見積りしますので、お問い合わせください)

②相続放棄手続き

1人当たり5万円〜(財産状況等により加算があり得ます)

③遺言

10万円〜(詳細はお見積りしますので、お問い合わせください)
公正証書による場合は手数料が追加になります。
特殊な形式の場合は別途協議の上決めさせて頂きます。

④遺言執行

30万円〜
事務作業量に応じて別途協議の上決めさせて頂きます。

⑤交渉・調停・審判(相続人の間で争いのある場合)

経済的利益の額 着手金 報酬金
~300万円 8%(最低100,000円) 16%
300~3,000万円 5% + 90,000円 10% + 180,000円
3,000万円~3億円 3% + 690,000円 6% + 1,380,000円
3億円~ 2% + 3,690,000円 4% + 7,380,000円

交通事故

①裁判所以外での話し合い

着手金 10万円〜
ただし、弁護士費用特約がある場合には、通常の民事事件の基準によります。
報酬金 保険会社から支払金額の提示が未だなされていない場合 取得できた金額の10%
保険会社から支払金額の提示がされている場合 増額した金額の20%

②訴訟の場合

ア 当方から請求する場合

着手金 20万円〜
ただし、弁護士費用特約がある場合には、通常の民事事件の基準によります。
報酬金 得られた経済的利益の20%

イ相手方からの請求(反訴請求等)に対応する場合

着手金 20万円〜
ただし、弁護士費用特約がある場合には、通常の民事事件の基準によります。
報酬金 得られた経済的利益の20%

債務整理

預かり金は、手続き費用に充てるために予めお預かりするものですが、仮に終了時に余っても返還を予定しないお金のことです。

①個別の会社と話し合いをする場合

着手金 1件あたり2万円
報酬金 約定残債務額が減額した場合 減額の10%
過払金を回収した場合は過払金の20%

②自己破産

着手金 28万円〜
預かり金 5万円

着手金に関しては、お見積りします。また、貸金業者から過払い金を回収した場合には別途成功報酬が、回収分の20%生じます。

③個人再生

着手金 36万円〜
預かり金 5万円

着手金に関しては、お見積りします。また、貸金業者から過払い金を回収した場合には別途成功報酬が、回収分の20%生じます。

その他の民事事件

以下は、代表的な話し合いによる交渉や裁判所を使った調停訴訟手続きの場合についてです。状況によっては、訴訟提起の前の手続きや訴訟後の手続き等が必要になるケースがあります。その際には、別途基準がありますので、手続きの必要性を含めてお問い合わせください。

①話し合いによる場合

経済的利益の額 着手金 報酬金
300万円以下 4%(最低10万円) 8%(最低10万円以上)
300~3,000万円 3%+6万円 7%+12万円
3,000万円~3億円 2%+46万円 4%+92万円

②裁判所を使った手続きの場合

経済的利益の額 着手金 報酬金
300万円以下 8%(最低10万円) 16%(最低10万円以上)
300~3,000万円 5%+9万円 10%+18万円
3,000万円~3億円 3%+69万円 6%+138万円

書類作成

①内容証明郵便

弁護士名の表示なし 1万円~3万円
特に複雑又は特殊な場合は別途お見積りさせていただきます
弁護士名の表示あり 3万円~5万円
特に複雑又は特殊な場合は別途お見積りさせていただきます

②契約書面等

10万円〜(詳細はお見積り致します)

※契約締結交渉を含む場合は、別途お見積もり致します。

刑事事件

事実関係に争いがあるか等の事件の複雑性や裁判員裁判対象事件かどうかにより、費用が異なります。詳細はお見積り致します。保釈請求等する場合は増額になります。詳細はご相談ください。

①起訴前

着手金 報酬金
20万円〜 不起訴で終了した場合 20万円〜
略式命令の請求にとどまった場合

②起訴後

着手金 報酬金
30万円〜 刑の執行猶予 30万円〜
刑の軽減 刑の軽減に応じて別途協議をさせて頂いた上でお見積もりいたします

③保釈請求・その他(勾留執行停止、抗告、即時抗告、特別抗告、接見禁止の一部解除の申立等)

着手金 報酬金
5万円〜 10万円

④接見・出張相談

手数料
通常相談料(60分ごと5,000円)+ 日当+10,000円

⑤告訴・告発

着手金 報酬金
1件10万円〜 1件10万円〜
お問い合わせフォーム

早くから弁護士のサポートを得ることで、解決できることがたくさんあります。
後悔しないためにも、1人で悩まず、お気軽にご相談下さい。誠実に対応させていただきます。