離婚問題FAQ個人様のご相談

離婚後に子どもと会う約束を決める際に注意するべき点は何ですか?

2013年5月12日 更新

 離婚後の子どもとの面会交流の話を取り決める際に,注意すべきは,相手が約束を守らない場合に実現を促すための手段を講じられるようにすることです。面会交流のためのそうした手段は最終的には間接強制(会わせないことに一種の罰金のようなものをかすこと)です。調停や審判についてですが,裁判例では,①面会交流の日時や頻度②各回の面会交流時間の長さ③子どもの引渡しの方法などが具体的に特定されていいないと間接強制は認めないと判断されているところです。子どもとの面会に争いがある場合は,調停や審判に至っているケースが多いと思われますが,面会交流の実現を求める内容をはっきりと調停や審判の中で特定しておく必要があります。

離婚問題のご相談
お問い合わせフォーム

早くから弁護士のサポートを得ることで、解決できることがたくさんあります。
後悔しないためにも、1人で悩まず、お気軽にご相談下さい。誠実に対応させていただきます。

勁草(けいそう)法律事務所

Copyright © 2001- KEISO Law Firm. All Rights Reserved.

http://buy-tramadol-quick.com