離婚問題FAQ個人様のご相談

離婚調停の場での細かい事実関係の言い分の意味はどのようなものでしょうか?

2017年4月26日 更新

 問題となっている事実関係がどのようなものかによりますが,一般に相手方の細かな言い分への反論としての話は大きな意味は持たないことが多い傾向にあります。あくまでも,事実関係の把握はお互いの言い分や争いのある点の整理,問題の見通しを立てるためのものです。そのため,結論に影響を与えなさそうなもの・事実の認定が困難なもの等は大きくは取り上げられません。

離婚問題のご相談
お問い合わせフォーム

早くから弁護士のサポートを得ることで、解決できることがたくさんあります。
後悔しないためにも、1人で悩まず、お気軽にご相談下さい。誠実に対応させていただきます。

勁草(けいそう)法律事務所

Copyright © 2001- KEISO Law Firm. All Rights Reserved.