相続取扱業務

親族だからこそ、第三者を介した遺恨を残さない相続が必要です。

  • 親御さん等がなくなられた後に,遺産の分割をしたいのだけれども揉めて進まない
  • 一方的に書類に印鑑を押すよう言われた
  • 遺言書の内容や作ったという経緯に納得いかない

等の悩みを持たれている方もおられるかもしれません。

また,遺産分割の話し合いをしようにも数世代にわたって話し合いをしていないような場合には、一つ一つ話し合いをしていかないといけない等相続をめぐる問題は複雑化していくこともあります。そもそも親や兄弟が借金をしている場合には相続していいものかどうかという悩みもあろうかと思います。親族の問題だけに相続問題は早期の対応が重要となります。

弁護士に相談・依頼するメリット

相続に関する弁護士の仕事内容としては,財産を引き継ぐかどうか(相続放棄等をするかどうか)・遺産分割の協議・遺留分に関わる問題の解決があります。

  • 親族の間だけでの話し合いでは力関係のために,正当な権利を主張できないことがあります。弁護士が入ることで,そうした力関係によらず法律に従った正当な権利が実現できます。
  • 専門家である弁護士は入ることで,親族間の感情的なシコリを大きくしないままで問題を解決できるケースも多々あります。
  • そもそも相続すべきか悩んでいる場合や相続人が多数いて複雑な場合でも,弁護士が入ることで適切な解決指針のアドバイスを得て,かつ煩雑な手続きから解放されます。
お問い合わせフォーム

早くから弁護士のサポートを得ることで、解決できることがたくさんあります。
後悔しないためにも、1人で悩まず、お気軽にご相談下さい。誠実に対応させていただきます。